抗生物質が効かない!薬剤耐性菌の恐怖とは・・・

抗生物質

 

 

【抗生物質が効かない!薬剤耐性菌の恐怖】

 
今までなら簡単に治っていた病気が、最近は抗生物質を飲んでも治りにくくなる例が増えてきています。

 

病院でもらった抗生物質を飲んでも咳が止まらなかったり、膀胱炎が長引いたことはありませんか?

 
小さなお子様に多い中耳炎も抗生物質が効きにくくなっています。

 
病気の原因の一つである細菌は、何度も使用される抗生物質に対して、殺されない強い細菌(耐性菌)に変化し

ながら増殖していきます。

 
世界の医療現場でも、すでに強力な薬剤耐性菌が急速に拡大し大変な問題となっています。

アメリカ調査チームは、「薬剤耐性菌による死者は年間70万人、2050年には1千万人になる」と警告していま

す。

 

 

日本でも世界保健機構(WHO)や欧米保健当局にならい今年11月から抗生物質の多用制限の啓発をしていくと決

めました。
 

抗生物質は、悪い細菌を殺してくれる薬ですが、同時に良い細菌(腸内細菌の乳酸菌など)も殺すため、「本来

誰もが備わっている”自己免疫力”」を弱めてしまうことが問題です。

 

これは薬剤耐性菌発現の原因の一つでもあります。

 
では、どうすれば良いのでしょう。

 
実は免疫は自分の体の中で作ることができます。日頃から規則正しい生活、バランスのとれた食事や十分な睡

眠、適度な運動などを心がけましょう。

 

 

大きなストレスも自律神経に負担をかけるので気をつけてください。

 
免疫力が高まる健康食品や漢方薬を上手に利用するのも大変有効です。

 

 

お困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 
こころと体に自然の力☆

 

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
 

まつみ薬局

 
南丹市園部町上木崎町(スーパーマツモト内)

 

Facebookからコメントする

comments