夏だから!しっかり汗ケア、あせも対策を。

●あせもの原因・・・?

あせもは、大量にかいた汗が皮膚表面にたまってしまうことから起こります。汗
が長く溜まると汗管から溢れ出し、かゆみや赤くて小さなブツブツした湿疹、
「あせも」ができます。

●汗かきって治るの・・・?

汗止め作用として「黄耆(オウギ)」という生薬が入った漢方薬があります。
「黄耆」は、気力と体力を元気にしてくれる生薬で、慢性病治療にもよく使われ
ます。気が不足すると、体の一番外側の防御である皮膚表面の抵抗力が落ちるた
め、アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎、風邪をひきやすい、疲れやすいなどの症状
が出やすくなります。
「多汗症」も、実は気が不足する(気がもれる)ために起こっていることが多い
のです。「黄耆」が入った漢方薬は、内臓機能を良くし、利尿作用もあるため、
無駄な汗の量を抑え、利尿として毒素などを排出することで慢性病の体質改善、
免疫力アップに効果があります。

●汗の働きって・・・?

汗の大事な働きは、体温調整です。
Ex Gf Wants To Get Back Together
汗をかくことで皮膚表面から蒸発する水分を補ってくれます。汗の成分は99% が水分、残りの1%が塩分、タンパク質、乳酸などで、「ネバネバ汗」や「ベト ベト汗」をかく人は、汗の中にミネラルがもれているためです。汗腺は血液中の ミネラルをろ過する働きがありますが、その機能が衰えると、汗をかくたびに 「だるい」「しんどい」という症状が出てきます。 また、質の悪い汗は、皮膚表面にある細菌と混ざることで、汗の成分が酸化さ れ、体臭原因の一つである「分解臭」「酸化臭」というクサ~イ臭いが出ます。 アトピー性皮膚炎、お肌トラブル、体臭などでお悩みの方は、どうぞお気軽にま つみ薬局までご相談ください。 こころと体に自然の力☆ 『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』 まつみ薬局♪ 梅垣眞由美 ご相談電話(予約優先)0771-63-1233 ◆メールでのご相談、メルマガ会員入会(無料)、退会はこちらinfo@matsumi- drug.com

Facebookからコメントする

comments