夏野菜で元気!

【夏野菜で元気に!!】
buy narrative essay
旬の野菜にはその時期の気候に合わせて、私たちの体の調子を整えてくれる働きが
あるのをご存知ですか。 特に夏野菜には、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどを含む野菜が多く、
夏バテ予防などにも効果があるといわれているので、ぜひ積極的にとりたいで す。 そこで、代表的な夏野菜の栄養素の働きと、新鮮で美味しい野菜の選び方のポイント
をご紹介いたします。 ●オクラ オクラのねばねばには整腸作用や、コレステロールの低下作用、 血糖の急激な
上昇を抑える働きがあります。生のままでも美味しく食べられますが、 サッと茹でると、とろっとした口当たりになります。ただしオクラに含まれる酵素
は熱に弱いため、短時間の加熱に留めましょう。 ≪選び方≫ ヘタの切り口が新しく、表面の産毛が硬くて指にあたるものが新鮮な証です。育 ちすぎると味が落ちるので、小ぶりでスッとした形のものを選びましょう。 ●カボチャ ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンの3大抗酸化ビタミンを含み、栄養価の高 い食品です。また、炒ったカボチャの種にはコレステロール上昇抑制作用があ り、マンガン、亜鉛なども含まれています。 ≪選び方≫ 果肉の色が濃くぎっしり詰まっていて、重みのあるものが新鮮です。皮が硬く、 つやつやとし、軸は太いものを選びましょう。 ●キュウリ キュウリなどのウリ科の野菜には利尿作用があり、また体にこもった熱 を放散してくれるといわれています。 ≪選び方≫ 全体にツヤとハリがあり、表面のイボが硬くて触ると痛いくらいのものが新鮮で す。太さが均等でまっすぐなものを選びましょう。 ●トマト ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンの3大抗酸化ビタミンを含み、動脈硬化や がん、老化防止にも効果が期待されます。特にトマト色素のリコペンには、β-カ ロテンの2倍の抗酸化力があるとされています。 ≪選び方≫ 果肉がしまって赤く、ヘタの緑色が鮮やかなものほど新鮮です。ヘタの無い方の てっぺんに白い筋が出ているものほど甘味があり、白い筋の無いものは酸味が強 く、料理向きだそうです。 ●ナス キュウリと同じウリ科の野菜で、利尿作用があります。これまでナスは大半が水 分で、栄養成分が少ないとされてきましたが、ナスの皮には動脈硬化防止や抗が ん作用があることが分かってきました。 ≪選び方≫ 皮のつやが良く、ヘタの部分が新しいしっとりしたものを選びましょう。ヘタと 実の間が白いもの、白い部分の幅が5ミリくらいのものが食べ頃です。 ●ピーマン ビタミンCが豊富で、風邪の予防や肌の健康にも欠かせません。また、ピーマン に含まれるビタミンPは加熱や酸化で壊れやすいビタミンCを守ってくれます。 青菜類の少ない夏場の緑黄色野菜としても重宝します。 ≪選び方≫ ヘタの切り口がきれいで、色ムラが無くハリのあるものが新鮮です。重みがあ り、ボコボコとしたくぼみの深いものを選びましょう。



こころと体に自然の力☆
『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

まつみ薬局♪ 梅垣眞由美 ご相談電話(予約優先)0771-63-1233



765qwerty765

Facebookからコメントする

comments