まつみ♪だより

お客様の喜びの声 ~ 頭痛・めまい(40代女性)~

お客様の声(頭痛・めまい)

 

 毎月の女子の日に、頭痛。めまい。吐き気・・・。

「ルビーナ」も「命の母」も私には合わなくて、相談して「AGMAX」をと。漢方薬も一緒に飲み始め

て、次の日から頭がスッキリでした。髪の毛もサラサラになったのは、このおかげ様だと思います。も

っとキレイキレイを目指します。

(40代 女性)

 

∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・

 

 この方は頭痛がひどくて困っておられ、バファリンにしようか他の鎮痛剤にしようか悩んでおられました。ご相談後は、周りからも『元気そうだね?なんでー?何があったの?』と驚かれているそうです。

良かったー。

 

漢方薬は、頭痛やめまい、アレルギー性鼻炎にも効果のある処方をお渡ししました。

 

とてもチャーミングな女性、もっとこれからキレイになられると思います。

これからもお気軽にご相談くださいね。いつもありがとうございます。

 

*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜

 

こころと体に自然の力

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

まつみ薬局

 

京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5

 

ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先性)

ご相談時間:月火水金(9時半~12時、15時半~17時)、土(15時半~17時)その他ご希望により予約可

夏こそ元気に!旬の野菜を食べましょう!

今年の夏は一段と暑いですね。 体がだるい、食べる気がしない、冷たいものばかり食べる、冷たいジュースやビールを飲みすぎるなどはありませんか?

 

また、連日の暑さで夜中に何度も目を覚ましたり、熟睡できなかったり…こんな生活が続くと「細菌やウイルスに戦う自分の力=免疫力」が低下していきます。

 
そんな時に注意したいのが「夏風邪」です。風邪は冬だけの病気と思われがちですが、夏に流行する風邪もあります。免疫力の低い小さなお子様やお年寄り、免疫力が弱っている方は特に注意が必要です。

 
風邪の90~95%はウイルスが原因です。 ウイルスは200種類以上、同じウイルスでも型がいくつもあるので、何度でも同じようなウイルスにかかることがあります。

 
風邪ウイルスに対して直接効く薬は、インフルエンザウイルス薬以外はありません。抗生物質は細菌を殺すことはできますが、ウイルスは殺せないのです。発熱や頭痛、喉の痛みを和らげる解熱鎮痛剤などは症状を抑えてくれる対処療法です。

 
風邪に負けない強い免疫力を作り、病気を治すには、食事からの栄養をしっかり消化吸収し、自分の免疫力を強くすることが何より大事です。

 
夏こそ、新鮮な旬のお野菜や元気の出る肉や魚などのたんぱく質をしっかり摂りたいものです。そして免疫に大事な胃腸機能を整えましょう。

 
胃腸の働きを助け、免疫力を強くするオススメの健康食品があります。気になっておられる方はお気軽にご相談ください。

 
当店では、その方お一人お一人の体質や体調に合わせて適したものをご紹介しています。

 
こころと体に自然の力☆
「婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか」

 
まつみ薬局♪ 管理薬剤師 梅垣眞由美

 

◆ご相談予約電話 0771-63-1233

【Face book】 いいね!

 

免疫力を上げましょう

雨が降ると、体がだるくてしかたがない・・・

『雨が降ると、体がだるくてしかたがない・・・』

湿気の多いこの時期は、『体がだるくてしかたがない』『頭が重い』『胃がもたれる』『気分が落ち込みやすい』などの症状が出やすくなります。
思い当たる症状はありませんか?

 

 

「脾(ひ)(胃腸)」の弱い人は、「湿(しつ)」を嫌う傾向にあります。「脾」が弱いと、余分な湿気が体に溜まりやすく、そのため「気」のめぐりも悪くなります。

 

 

すきっ腹に冷たい飲み物は、一気に胃酸を薄め、胃腸を冷やしすぎるため胃腸の消化吸収力が低下します。

 

 

これからの時期、お食事中の冷茶やビール等の飲み過ぎに注意しましょう。なるべく食後に水分を摂るようにすると「脾弱」を予防できます。

 

 

また、「脾」が弱ると、甘いものが異常に欲しくなります。「脾」が弱い人は『甘いもの好き』なのもそのためです。

 

米やイモ類など自然の甘みは、脾に良いですが、砂糖などの摂り過ぎは、「脾」に湿を抱えこみ過ぎるため弱ります。

 

 

甘くて美味しいケーキ、アイス、チョコ、菓子パン、飴など「白砂糖」がたくさん入ったお菓子などの食べ過ぎには気を付けましょう。

 

 

 

体内で糖分を分解する時に、多量のビタミンB1が使われるためます。そのため、砂糖の摂り過ぎはビタミンB1不足による『慢性疲労』『慢性的な肩こり』なども引き起こします。

 

 

「脾」の弱りの原因は、「生まれつき(先天性)」と、「生活習慣の乱れ(後天性)」の両方が考えられます。

 

 

当店では、その方の体質や症状に合わせた漢方薬や健康食品をお勧めしており、大変喜ばれております。

 

気になる症状がある方は、

こころと体に自然の力☆『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

まつみ薬局

京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

ご相談電話 071-63-1233

 

 

雨が降ると

太る原因…市販ジュースの罠(わな) (;^ω^)

太る原因

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康志向の昨今、野菜不足を気にしてジュースを飲んでいる人が多いようです。
糖質が多く含まれるジュースは、ダイエットや健康への逆効果になっている場合があるので注意しましょう。
ジュース類の甘味料として含まれている「果糖ブドウ糖液糖 ※」などは、液体のため吸収が非常に早く血糖値を急激に上げるので、特に糖尿病や肥満の人は要注意です。

 

(※ トウモロコシやジャガイモなどのでんぷんを分解して作られるブドウ糖とブドウ糖の一部を酵素によって果糖に変化させた化学物質)

 

 

 

「ダイエットしているのでお米は食べないの」「糖質制限中なの」と主食の米やパン、麺類などを控え、代わりに野菜で食事を補おうと安易に野菜ジュースを飲むのは、

 

実はキケンなを作ることになるのです。せっかくのダイエットが台無しですよね。

 

流行りの”糖質制限ダイエット“は、一時的に無理やり減量することはできますが、減量とリバウンドを繰り返す恐れがあります。
リバウンドを繰り返すことで、カラダは生命の危機を感じ、体中の中性脂肪を肝臓に集め蓄えるため、「低栄養性脂肪肝」と言われる病気になることもあります。

 

 

 

一生健康‘を目標に‘ちょっとだけ糖質制限‘を心がけましょう。

 

私たち日本人は、エネルギーの約6割を糖質から摂っています。適度な糖質、野菜やタンパク質などもバランス良く、全体の食事量は減らして、

 

運動習慣を取り入れるダイエット法がおすすめです。
最近人気の‘青汁‘を利用するのもお手軽な健康法としておすすめです。
当店では、品質にこだわった‘契約農家有機栽培、完全無農薬 一番刈り大麦若葉100%粉末‘を取り扱っております。本物志向、美容健康志向の方には大変好評をいだいております。

 

 

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

 

心と体に自然の力

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
まつみ薬局   京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

ご相談電話 0771-63-1233

薬剤師 梅垣眞由美

 

アレルギー体質の人は胃が弱い・・・?

まつみだより

 

 

 

胃が弱い人はアレルギー体質かも・・・

 

アレルギー体質の人は、胃弱傾向がみられるようです。

胃が弱い人は、タンパク質をアミノ酸まで十分に分解できずに、大きなかたまりのまま腸へ流れ込みます。

 

腸では、このかたまりを“危険な異物“と認識するため、外へ追い出そうと免疫反応を起こし、湿疹、喘息、鼻炎などのアレルギー症状を引き起こします。

 

アレルギー反応を起こす食べ物を除去する方法は、食べられる食品が徐々に少なくなり、最後はお米まで食べられなくなる人もいます。

 

そこで除去するのではなく、アレルギーを引き起こす原因でもある「胃弱」を治すことが体質改善にとても重要です。

 

日頃から、分解しにくいタンパク質の摂り過ぎに注意しましょう。

肉などの動物性タンパク質は、非常に固くて消化しにくい食品です。

また卵白は、なまの方が消化しにくいため、ホイップクリームを多く使ったケーキ、アイスクリームなどの食べすぎも胃弱傾向になるので控えましょう。

 

米やパンなどの穀物や野菜は、1時間くらいで胃消化しますが、肉や卵などの動物性タンパク質は4~5時間ほどかかると言われています。

消化しにくい食品は、大量の胃酸が必要のため胃に負担がかかり「胃弱」を進めます。

 

アレルギー体質でお困りの方や、胃もたれ、消化不良、げっぷ、食欲不振のある方、脂っこいもの、甘いものが好きな方、過食傾向の方などは特に気を付けましょう。

 

お困りの方は、お気軽にご相談ください。

お一人お一人に合った漢方薬や健康補助食品などをご紹介し、改善のお手伝いをさせていただいております。

 

こころと体に自然の力☆

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

まつみ薬局♪

 

管理薬剤師

梅垣眞由美

 

◆ご相談予約電話 0771-63-1233

【Face book】 いいね! 【ホームページ】http://matsumi-drug.com