まつみ♪だより

今年のスギ花粉は飛散時期が早くなりそうです ~ まつみ薬局♪だより ~

18-01-27-21-12-14-195_deco
スギ花粉と言えば2~4月頃ですが、1月にはわずかな花粉が飛び始めています :-x 
 
鼻水が止まらない :cry: くしゃみが連発、目が痒くてたまらない薬で頭がぼーっとする。
鼻をかみすぎて鼻が真っ赤まぶたも腫れて化粧もできない
鼻が詰まり、夜は口がカラカラ :cry: 。。。。など。
 
花粉症の人にとっては大変つらい時期です。 
 
花粉症はシーズン当初からひどく症状が出るわけではありません。 
毎日、花粉を少しずつ浴び続けて、何回もアレルギー反応を繰り返すうちに、
鼻の粘膜の炎症が激しくなり症状が悪化していくのです。 
 
そのため、毎年困っておられる方は、できるだけ早めの対策がおすすめです ;-) 
 
最大の予防は、まず花粉を避けること。 
テレビなどの花粉情報にも注意して、花粉飛散量が少ない時間帯に外出したり、
マスクやメガネで鼻や目を守ることが重要です。 
外から戻った時には服についた花粉を払い、屋内に持ち込まないようにしましょう :-) 
花粉症治療は、薬によって症状をコントロールするのが一般的です。 
最近は薬局でも医療用医薬品成分を含む鼻炎薬が購入できますので、
眠気や口渇も少ない薬もあります。 
 
漢方薬による花粉症対策も効果的です。 
症状に合わせて少量から服用を開始し、花粉飛散時期は通常量で服用する対策が
有効と言われています。 
 
体質や症状の変化に合わせて飲む漢方薬を変えたり、飲む時間・量なども
調整するとより効果が上がります :-D 
 
花粉症のある人は、皮膚も敏感な人が多く、疲れるとじんましんが出たり、
化粧品や毛染めでかぶれやすい口内炎がよくできる、胃や腸が弱い傾向にあります。 
 
これらの症状を漢方医学的には口の中や内臓も外気と触れる内側の皮膚』と考えます。 
 
アレルギー三大疾患と言われる『アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)』、
ぜんそく』、『アトピー性皮膚炎』を根本的に治したい、 
もっと健康になりたいと思われている方は、お気軽にご相談ください :lol:  
 
 

 
*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴
.
 
こころと体に自然の力 『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
女性が相談しやすい薬局です
 
漢方相談・処方せん調剤
なかよし姉妹♪ まつみ薬局
 
薬剤師 うめがき
 
京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)
ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先制)
 
 
お客様喜から喜びの声が届いています⇒http://www.matsumi-drug.com/
 
Facebook いいね ♪ ⇒ https://www.facebook.com/matsumi.drug/
 
まつみ姉妹の気まぐれブログ ⇒ http://www.matsumi-drug.com/category/usual/
 

寒さで血圧急上昇、血管病気が心配( ;∀;)

17-12-01-23-41-59-687_deco   【 まつみ♪だより 冬-vol.32 】   血圧は、上が140mmHg未満、下90mmHg未満が理想と言われています。   寒暖差が激しいこの時期は、一年の中でも最も血管に負担がかかるため急に血圧が上がり、   それが引き金で脳卒中心筋梗塞などを起こすことがあります :cry:  :twisted: :mrgreen: 

「寒い」と感じた瞬間に、血管がギュッと縮んで硬くなり、血圧が一気に上昇します。
血管内が傷つき血管が破れたり詰まりも起こります :evil: 
もし脳に起これば『脳卒中』、心臓に起これば『心筋梗塞』になります。
 
そこで、血管の若がえりに意識してみませんか? 
 
血管が若返ると、お肌ツヤも出て、実年齢よりも若々しく見えるだけでなく、様々な病気予防につながります。
食事はお魚EPA・DHAが血管に良い)を積極的に摂りましょう。
緑黄色野菜カリウムは摂り過ぎた塩分を排泄、高血圧予防)やトマトリコペンの抗酸化作用で若返り)も積極的に。
チーズは、ゴーダ―チーズやブルーチーズLTP=ラクトトリペプチドが血管をやわらかく)が良いようです。
アルコールなら赤ワインポリフェノールが血圧を下げて血管若返り)、おやつはダークチョコレートカカオポリフェノールが血圧を下げて動脈硬化を予防)などがオススメです。
毎日の適度な運動も、血管を柔らかくし血流アップに良いです。   
 
頭ではわかっていても「完璧な食事なんで出来ない:-x !」「運動はどうも苦手だし・・・」「ストレスは溜まる一方・・・」など、日常生活を改善できず、半ばあきらめかけていた方でも大丈夫 :-P  ;-)  :-D 
まつみ薬局では、血管の若返りに評判サプリや漢方薬を多数取り揃えております。
体調や体質に合わせて、商品をおすすめさせていただいています。お気軽にご相談ください。   
 
*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・
 
◆ まつみ薬局メルマガ会員募集中!(お申し込みは店頭にて)
 
こころと体に自然の力
『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
女性が相談しやすい薬局を目指しています。
 
漢方相談・処方箋調剤
なかよし姉妹♪まつみ薬局
http://www.matsumi-drug.com/
薬剤師 うめがき
 
京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5
ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先制)
 
お客様喜びの声 ⇒ http://www.matsumi-drug.com/category/voice/
 
Facebook いいね募集中 ⇒ https://www.facebook.com/matsumi.drug/
 
まつみ姉妹の気まぐれブログ(人気急上昇中 :-) ) ⇒ http://www.matsumi-drug.com/blog/
 
*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜

血管が消える…!?ゴースト血管とは ~ まつみ薬局♪だより ~

17-10-28-08-51-38-341_deco

 

女性の心と体はとてもデリケートです。月経・妊娠・出産・閉経など女性には、一生のうちで心と体の変化が大きく変わります。

 

女性として生まれてきて幸せなこともたくさんありますが、それ以上に辛い症状で悩んでおられる方が本当に多くおられます。

 

●冷え症

●生理痛

●生理不順

●不正出血

●PMS(月経前症候群)

●PMDD(月経前気分障害)

●子宮筋腫

●子宮内膜症

●頭痛

●肩こり

●疲労感

●貧血

●更年期障害

●肌荒れ

などあらゆる症状があります。 

 

実は、これらは全てに「血管・血流」と関係があり「血管ガチガチ(動脈硬化)」「血流ドロドロ」が大きな問題と言われています。

 

私たち全身血管の90%以上を占める毛細血管は、髪の毛よりも細く大変もろいため、ほんのわずかな衝撃でもすぐに傷つき、つぶれてそのまま消えてしまうことがあります。

 

 

消えた血管を「ゴースト血管」といい、更年期年齢に入る45才頃から進行し、60代では約40%も減るのです。

 

ゴースト血管写真

 

消えた血管はなかなか戻りません。

 

血液が細胞のすみずみまで十分に流れないと、老廃物が体にたまったままになるため、それが原因で様々な辛い症状を起こすと言っても過言ではないのです。 

 

まずは、柔らかい血管を保ち、きれいな血液がスムーズに流れることを意識してみましょう。

 

首やお腹周りを温めたり、体が温まる飲みものを飲んだり、青魚や大豆製品などを摂ったり、適度な運動をしたり、入浴は40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかるなど、毎日少しでもできる事から続けていきましょう。

 

 

1日100円~200円程度で手軽にケアできる、女性におすすめの大豆製品美容サプリがあります。

 

 

女性の健康と美容に今日から「血管・血流ケア」を始めてみませんか。

 

 

まつみ薬局は、女性が相談しやすいお店を目指しております。お気軽にご相談ください。

 

  

 

*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・

 

こころと体に自然の力

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹の漢方相談薬局

 

まつみ薬局♪うめがき

 

 

 

京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5

 

 

ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先制)

 

 

ホームページ(お客様喜びの声、ブログなどはこちら)⇒  http://www.matsumi-drug.com/

 

 

Facebook いいね!募集中 ♪⇒ https://www.facebook.com/matsumi.drug/

 

 

まつみ姉妹の気まぐれブログ ⇒ http://www.matsumi-drug.com/blog/

 

 

姉まゆみのInstagram ⇒https://www.instagram.com/p/BZ5yDYLBwAx/

 

風邪の季節、腸内環境を整えましょう!

9メートルもある長~い腸には、腸内細菌が約100種類、約100兆個


もあります。

 
その重さはなんと約1kgとは驚きです。菌は大きく3つのタイプにわかれ、


腸の調子を整え老化を防ぐ乳酸菌・ビフィズス菌などの「善玉菌」が2割、


ヒトに有害を与える「悪玉菌」が1割、中間に位置する「日和見菌」が7割


からなります。 
 


ところで私たち体の免疫は、腸で7割も作られているってご存知ですか?


これからの季節、大事な「免疫力」を上げるためには、腸内環境を良くし


ていくことがとても大事なのです。 




そこで、善玉菌を増やす「オリゴ糖」や「食物繊維」が豊富な食品を積極


的に摂りましょう。



「オリゴ糖」は、大豆、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、


バナナなどに多く、「食物繊維」は豆、穀類、野菜、きのこ、海藻などに多く


含まれます。 

 

また腸と脳とは深い関係があると言われ、ストレスが腸の状態を悪くすると



言われています。食の乱れやストレスなどで腸内環境が悪化し、免疫力が



低下、感染症やアレルギー、ガンなどを引き起こしたり、悪化させるのです。

 

諦めていたガンコな便秘体質の方、子供のころから下痢しやすい方なども



大丈夫です。



スティックわずか5g中に食物繊維と54億の善玉軍団(オリゴ糖・ビフィズス菌



・乳酸菌・酪酸菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌)などが入った健康食品



もあります。



毎日の食生活に不安を感じている方、腸内環境に興味がある方は、お気軽に



ご相談ください。 

 


風邪の季節、腸内環境をよくして免疫力を上げましょう
 
こころと体に自然の力☆彡


『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

まつみ薬局♪ うめがき まゆみ  

 

◆【ホームページ】http://matsumi-drug.com

◆ Face bookいいね!

お客様の喜びの声 【頭痛・めまい】40代女性

お客様喜びの声をいただきました。~頭痛・めまい~【服用:AGMAX、漢方薬】

お客様の声(頭痛・めまい)

 

 毎月の女子の日に、頭痛。めまい。吐き気・・・。

「ルビーナ」も「命の母」も私には合わなくて、相談して「AGMAX」をと。漢方薬も一緒に飲み始め

て、次の日から頭がスッキリでした。髪の毛もサラサラになったのは、このおかげ様だと思います。も

っとキレイキレイを目指します。

                                (40代 女性)

 ∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・

  この方は頭痛がひどくて困っておられ、バファリンにしようか他の鎮痛剤にしようか悩んでおられました。ご相談後は、周りからも『元気そうだね?なんでー?何があったの?』と驚かれているそうです。

良かったー。

 

漢方薬は、頭痛やめまい、アレルギー性鼻炎にも効果のある処方をお渡ししました。

 

とてもチャーミングな女性、もっとこれからキレイになられると思います。

これからもお気軽にご相談くださいね。いつもありがとうございます。

 

*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜

 

こころと体に自然の力

 

『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

まつみ薬局

 

京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5

 

ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先制)

ご相談時間:月火水金(9時半~12時、15時~17時)、土(15時~17時)

その他ご希望時間承ります