5月2013

気になる汗、体臭・・・どうにかしたい!

汗ばむ季節になりました。

汗をかくと特に気になるのが体のニオイ。。。

タバコ臭、ニンニク臭、口臭など、気が付かない間に周りに不快感を与えているかも知れません。

口臭対策のスプレーやカプセル、体臭対策の石鹸、洗濯用洗剤など色々ありますが、実は慢性的な体臭対策は、内面からの体質改善が 最も大切なのです。

内面の体臭原因には大きく3つあります。一つ目は、年令と共に気になる「加齢臭(ノネナール臭)」。 二つ目は、メタボ臭。そして、疲労臭(アンモニア臭)の三つです。
    
加齢臭の原因は、女性ホルモンの減少、皮脂腺の酸化などが原因、メタボ臭は、高カロリー食の摂り過ぎ、疲労臭は、ストレスによる免疫力の低下などが原因と言われています。 

そして、これら体臭原因の多くが、腸内細菌バランスが崩れて異常発酵し、排便異常やガス発生のため、イヤな体臭となります。

また、加齢や過食、疲労、過激なダイエットのために肝臓、腎臓の機能が低下し、血液中のアンモニアを分解、ろ過できず、汗として排出されるため、体臭の原因になります。

これら体臭は、いくつもの原因が重なってニオイのもとになることがわかっています。

そこで、日頃から適度な運動や入浴などで汗を流し、滞りやすい汗腺の機能を高めましょう。

食事では、食物繊維や、緑黄色野菜、乳酸菌などを積極的に摂り、腸内環境をよくしましょう。また、大量のアルコールは、肝臓に負担をかけるので、体臭の原因となります。

睡眠をしっかりとり、疲労回復を心がけるとともに、日頃よりストレスをためないようリフレッシュして、体の機能を整えましょう。

当局では、特に体の中から改善できる方法をご紹介しています。

 

 

 

こころと体に自然の力☆『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

まつみ薬局♪ 梅垣眞由美 ご相談電話(ご予約優先)0771-63-1233

ホームページリニューアルいたしました!

ホームページリニューアルいたしました!