秋に多い症状・・・自律神経失調症とは?

 

季節の変わり目であるこの時期は、体調が崩れやすいので注意しましょう。

今年は、「夏バテ」ではなく、「秋バテ」が多く出るようです。

この「秋バテ」症状は、自律神経が関係しているといわれています。


「体がだるい」「朝がすっきり起きられない」「肩こりや頭痛がひどい」「イライラ・モヤモヤする」「寝つきが悪い」などの

症状が、出やすくなります。
また、風邪をひきやすい、咳がいつまでも続く、体がかゆいなど、免疫の乱れからくるアレルギー症状や体調不良もこの時期に

出やすくなります。
 
 
さらに過剰なストレスによる精神疲労や、睡眠不足などによる肉体疲労などが重なると、自律神経失調症と言われる深刻な

症状が現れやすくなります。
        
暑かった夏の間に胃腸を冷やしすぎていませんか?
もともと低体温(36度以下)の方は、その悪化傾向がみられますので気を付けてください。
 
寒くなるこれからの季節は、特に体を冷やさない食事を心がけましょう。
help me do my homework
土から下の食物、たとえばゴボウ、ニンジン、大根、れんこん、サツマイモ、里芋などが美味しくなる季節です。

また、梨や冬瓜など水分をたっぷり含んだ食材は、夏の間にこもった熱を利水によって冷ましてくれる作用があります。
 
時季の食材、地野菜を積極的に摂るようにすると、その時に体に必要な栄養が摂れるようになっています。

季節の変わり目は、いつもより食材選びを慎重に、そして生活リズムなども気を付けながら、自律神経を整えるようにしましょう。
 
    こころと体に自然の力☆彡
  『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
  
      まつみ薬局♪ 管理薬剤師 梅垣眞由美  
 
    ◆まつみ薬局 Face book始めました(*^_^*)! 
  まつみ薬局 まゆみ先生 × お客様 すーちゃん コラボ企画! 公開ダイエット毎日更新中♪
      (HPからアクセスできます)  http://matsumi-drug.com