救心感應丸氣と不安障害|まつみ薬局
ブログ ブログ

救心感應丸氣と不安障害

救心感應丸氣不安障害についてのお話しです。

alt=‘‘救心感應丸氣と不安障害‘‘

救心感應丸氣と不安障害

 

不安とは「対象がはっきりしない漠然とした恐れや緊張感などの不快な感情で、動機や発汗などの自律神経症状をともなっているもの」と言われています。対象がはっきりしている不安や、軽い不安感は誰もが感じるもので、不安を感じるからといって、必ずしも病気とは言えません。私たちは普段生活の中でうまく不安に対処しながら過ごしています。

 

ところが、誰もが感じる程度をはるかに超える不安を持ち、それがもとで日常生活に支障をきたしてしまう場合があります。それが「不安障害」という病気です。

 

身体に出る主な症状は、頭痛、頭重感、頭の圧迫や緊張感、しびれ感、めまい、頭がゆれる感じ、全身に脈拍を感じる、便秘または下痢、頻尿など、実に様々です。

 

精神に出る主な症状は、些細なことが気になる、取り越し苦労が多い、常に緊張してリラックスできない、そわそわ・いらいらして怒りっぽい、根気がなく疲れやすい、もうろうとする、自分の体ではないような感じがする、集中力がない、寝つきが悪く途中で目が覚める、記憶力が悪くなる、悲観的になり人に会うのがわずらわしいなどがあります。

 

全般性不安障害も不安障害の一つで、「特定の状況に限定されない、理由の定まらない不安や心配」が長時間続き、心や身体の症状が伴う病気です。決まった状況ではなく、理由もはっきりしない不安感、いろいろなものに対する不安が度をこしてしまいます。たとえば、あるひとつのことが頭に浮かぶと、そのことで最悪の状況を想像し、あれこれと取り越し苦労をしてしまい、それが長時間続きます。

 

具体的には、お金や子供のことなどで、普段の生活が順調にもかかわらず、破産して無一文になったらどうしようと考えたり、子供がグレて犯罪者にでもなったらどうしよう、となんの根拠もなく最悪の状況を考えてしまいます。また、この不安のために、落ち着きがなくなったり、物事に集中できなくなることもあります。

 

自律神経の変調も伴い、頭痛や疲れやすさ、不眠などがあらわれ日常生活に支障をきたします。

 

男性に比べて女性のほうが1.5倍~2倍くらい多く、特に若い女性に多いです。10代で発症することもあります。女性が多いのは、女性特有の心因的な要因、生理的要因、あるいは社会的に期待されて性的役割からくるストレスなどが複雑にからみあっていると考えられます。

 

「不安障害」についてはこれで終わります。次回は、「社会不安障害(SAD)」についてのお話しです。

気つけやどうき、息切れ、胃腸虚弱、消化不良、下痢などに良い漢方薬『救心感應丸氣』については、こちらで紹介しています。ぜひご覧になってください → http://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 

●気つけとは・・・心臓の働きの低下による一時的なめまい、立ちくらみ等や、脳への酸素供給や血流が低下して、意識がもうろうとしたり、気が遠くなるような状態のときに、薬などにより血流を改善させて、気力を回復させたり、頭の働きをハッキリさせる効果のこといいます。

 

●息切れ、どうきとは・・・息がつまる、胸が圧迫される、空気がほしい、呼吸が重い、努力しないと呼吸ができない、呼吸が浅い、十分に息を吐けない、呼吸が早い、心臓がドンドンとして脈が速いなどの症状をいいます。

 

●胃腸虚弱、消化不良、下痢とは・・・胃腸の働きが弱く、時に膨満感、胸やけ、吐き気、食欲不振、下痢などの症状をいいます。

 


 

不安な毎日で気持ちが落ち着かない、そんな時には『救心感應丸氣』を飲んでみてください。

 

alt=‘‘救心感應丸氣‘‘

救心感應丸氣

 

睡眠薬や精神安定剤のような習慣性や眠気がなく、8歳からから安心してお飲みいただけます。『救心感應丸氣』は希少価値の高い動物生薬からなる漢方薬です。

 

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

いつもお電話やメールでご注文・ご相談ありがとうございます

くすりの相談・こころの相談・女性漢方相談 

まつみ薬局

ご注文・ご相談電話:0771-63-1233
木日祝以外の平日:9時半~19時、土:13時~16時、うめがきまで

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 

 

女性漢方相談

こころと体に自然の力

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

なかよし姉妹  ♪  処方せん調剤

 

まつみ薬局

http://www.matsumi-drug.com/

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール)

カウンセリング(心の相談)ご予約

(こころの相談♡カウンセリングblog)

ご注文・ご相談は、こちらへお気軽にお電話ください。

まつみ薬局

TEL 0771-63-1233 

FAX 0771-63-6001

木日祝以外の平日:9時半~19時、土:13時~16時、うめがきまで

 

▼ご注文・ご相談は、下のお問い合わせボタンをクリックしてください 

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

接客されるのが苦手な方、電話で話すのが苦手な方もお気軽にお問い合わせください。 

あなたのお悩みが解決できると思います。

koe-matto
まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。そのため、ご紹介やお客様の声が最も重要となります。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。
alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

漢方相談・処方箋調剤 まつみ薬局

SNSシェア