今年のスギ花粉は飛散時期が早くなりそうです|まつみ薬局

今年のスギ花粉は飛散時期が早くなりそうです ~ まつみ薬局♪だより ~

18-01-27-21-12-14-195_deco
スギ花粉と言えば2~4月頃ですが、1月にはわずかな花粉が飛び始めています :-x 
 
鼻水が止まらない :cry: くしゃみが連発、目が痒くてたまらない薬で頭がぼーっとする。
鼻をかみすぎて鼻が真っ赤まぶたも腫れて化粧もできない
鼻が詰まり、夜は口がカラカラ :cry: 。。。。など。
 
花粉症の人にとっては大変つらい時期です。 
 
花粉症はシーズン当初からひどく症状が出るわけではありません。 
毎日、花粉を少しずつ浴び続けて、何回もアレルギー反応を繰り返すうちに、
鼻の粘膜の炎症が激しくなり症状が悪化していくのです。 
 
そのため、毎年困っておられる方は、できるだけ早めの対策がおすすめです ;-) 
 
最大の予防は、まず花粉を避けること。 
テレビなどの花粉情報にも注意して、花粉飛散量が少ない時間帯に外出したり、
マスクやメガネで鼻や目を守ることが重要です。 
外から戻った時には服についた花粉を払い、屋内に持ち込まないようにしましょう :-) 
花粉症治療は、薬によって症状をコントロールするのが一般的です。 
最近は薬局でも医療用医薬品成分を含む鼻炎薬が購入できますので、
眠気や口渇も少ない薬もあります。 
 
漢方薬による花粉症対策も効果的です。 
症状に合わせて少量から服用を開始し、花粉飛散時期は通常量で服用する対策が
有効と言われています。 
 
体質や症状の変化に合わせて飲む漢方薬を変えたり、飲む時間・量なども
調整するとより効果が上がります :-D 
 
花粉症のある人は、皮膚も敏感な人が多く、疲れるとじんましんが出たり、
化粧品や毛染めでかぶれやすい口内炎がよくできる、胃や腸が弱い傾向にあります。 
 
これらの症状を漢方医学的には口の中や内臓も外気と触れる内側の皮膚』と考えます。 
 
アレルギー三大疾患と言われる『アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)』、
ぜんそく』、『アトピー性皮膚炎』を根本的に治したい、 
もっと健康になりたいと思われている方は、お気軽にご相談ください :lol:  
 
 

 
*∴.・゜*∴.・゜*∴.・゜*∴
.
 
こころと体に自然の力 『婦人科の悩みを漢方薬で解決しませんか』
女性が相談しやすい薬局です
 
漢方相談・処方せん調剤
なかよし姉妹♪ まつみ薬局
 
薬剤師 うめがき
 
京都府南丹市園部町上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)
ご相談電話 0771-63-1233(ご予約優先制)
 
 
お客様喜から喜びの声が届いています⇒http://www.matsumi-drug.com/
 
Facebook いいね ♪ ⇒ https://www.facebook.com/matsumi.drug/
 
まつみ姉妹の気まぐれブログ ⇒ http://www.matsumi-drug.com/category/usual/
 

SNSシェア