ヤクケンバイオリンクと生体防御システム|まつみ薬局

ヤクケンバイオリンクと生体防御システム

ヤクケンバイオリンク生体防御システムについてのお話です。

前回のヤクケンバイオリンク恒常性維持はちらからどうぞ

 

皮膚の角質層や粘膜の粘液、繊毛運動、涙・唾液・胃酸・腸内細菌などにある常在細菌は、外部から攻め込んでくる微生物有害物質に対し防御しています。これを生体防御システムといいます。

これらは非常に大切なバリアー機能です。体にとって不必要だったり、あるいは危険な物質細菌はここで防ぎます。体内にあるマクロファージなど異物を食べる細胞:貪食細胞)は粘膜を超えて体外へ進出し殺菌などをおこないます。これらバリアーを乗り越えて体内に入り込んだ病原性細菌ウイルスを攻撃するのは、血液中の白血球などです。白血球のうちマクロファージ好中球は貪食作用を発揮してこれらの病原性微生物を貪欲に食べつくします。

macrophage02

(画像:マクロファージ(紫)ががん細胞を食べているところ)

 

しかし、食べつくせないときは、白血球のうちのリンパ球免疫システムが働きます。リンパ球にはB細胞T細胞があり、体液性免疫はB細胞、細胞性免疫はT細胞が働きます。

病原性細菌やウイルスに対する生体防御システムとは、外からの異物だけでなく、自分のからだの内部から生じた不要物も適切に処理して恒常性を維持するシステムでもあります。戦いのあとは細胞残骸が残されますが、外敵と戦わないときでも生体防御システムは働き続けます。それはヒトのからだは、脳細胞や心臓をのぞいて、常に細胞が入れ替わっているからです。

60兆個の細胞でつくられているヒトのからだのうち1/200である、3000億個の細胞が毎日入れ替わります。重さにして数百グラムの細胞が交替しています。これをそのまま体内にため込んでおくわけにはいきません。そこで、お掃除役として活躍するのが生体防御システム前半に働くマクロファージです。

 

生体防御システムについてはこれで終わります。このあと、抗原抗体反応の基礎となる非自己抗原決定基について話をしして行く予定です。ヤクケン バイオリンク商品については、こちらで詳しく説明していますのでぜひご覧になってください。→ヤクケン バイオリンク→ http://www.matsumi-drug.com/news/1854/

 

関連画像 「源液 360ml画像」の画像検索結果 関連画像 503

 

いつもお電話やメールでご相談ありがとうございます

くすりの相談・こころの相談 

ご相談電話:0771-63-1233
(うめがきまで、木日祝以外)
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

女性漢方相談

こころと体に自然の力

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

なかよし姉妹♪・処方せん調剤

 

まつみ薬局

http://www.matsumi-drug.com/

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール)

登録販売者 西村治美(妹)
(くすり相談・ペット相談担当、海外居住歴7年(オーストラリア・イギリス・アイルランド)、2匹の猫を溺愛中、華流・韓流好き)

 

カウンセリング(心の相談)ご予約

(こころの相談♡カウンセリングblog)

どうぞお気軽にお電話ください。

TEL 0771-63-1233 

FAX 0771-63-6001

電話相談:平日:9時半〜19時(木日祝以外)、土:13時〜16時

 

▼ご相談は下のお問い合わせボタンをクリックしてください 

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

接客されるのが苦手な方、電話で話すのが苦手な方もお気軽にお問い合わせください。 

あなたのお悩みが解決できると思います。

31386

SNSシェア