リウマチ性多発筋痛症|京都|女性漢方|まつみ薬局

リウマチ性多発筋痛症

お客様の声をいただきました【リウマチ性多発筋痛症】

リウマチ性多発筋痛症で手の痛みがつらいです。何か良いお薬はありますか?(79歳 男性)

19-02-27-17-09-36-869_deco

本意に反しますが・・・一句ひねりました。

携えた枝をも忘れる

癒えた脚

よく頑張ったなと

ただ撫でさする

 

●相談内容

まつみ薬局へ処方箋調剤を利用していただいているお客様の奥様からご主人様のご相談です。「ここ最近は特に左手の薬指をすごく痛がっていて、すごく腫れているのよ。足がもともと悪いので、杖がないと歩けないのだけれど、左手で杖をつくので痛いと困るんです。右手は前から痛いので半ば諦めていたけど、左手までは。。。腎機能も医者から良くないと言われているし血液検査のCRP(炎症数値)も2.0mg/dLと高いでしょ。病院薬のステロイド剤量が増えると主人が嫌がるのよ。何か痛みに効く漢方薬はありませんか?実は通販で漢方「〇〇湯」を買ったんだけど怖くて飲んでいないのよ」

 

●まつみ薬局うめがき :oops: より

〇〇様、素敵な一句をいただきありがとうございます。ご相談いただいたのは今から2年前です。リウマチ性多発筋痛症の治療としてステロイド剤(プレドニゾロン)は7mg、他に血圧や糖尿病薬なども飲まれています。数年前より処方箋調剤をまつみ薬局で受けており、いつもご本人様が来られたときは「痛い痛い」と言われていましたし、歩き方も杖をつきながらで本当にお辛そうでした。それでもこちらから健康食品などをお勧めすることはなく薬剤師と患者様という関係で数年が経ったある日、奥様よりご相談をいただきました。

お勧めしたサメミロンカプセルは、ご希望の漢方薬ではなく健康食品ですが、腎機能が悪いことやCRP高値ステロイド剤(プレドニゾロン)7mgと比較的高容量で飲まれていることもあるためとご納得いただけるよう説明しました。サメミロンカプセルは、1回4カプセル1日2回食後で飲んでもらいました。お客様は本当に熱心にきっちりと続けてくださりました。

サメミロンカプセルを飲み始められた頃、病院処方のステロイド剤(プレドニゾロン)が7mg→10mgへ増量になりました。あまりに痛がられたのとCRP2.0 mg/dLと高かったからです。

サメミロンカプセル服用、約2カ月で血液検査のCRPが0.7に下がり、腎機能やヘモグロビンA1c(糖尿病数値)少し良くなっていました。3ヶ月後には痛みがかなり改善し指の腫れはまだあるものの好きなパソコンや日常作業が無理なくできるようになられました。そのときのCRPは、0.4 mg/dL。さらに4ヶ月後、ステロイド剤(プレドニゾロン)10mg→8mg、7ヶ月後7mg、1年3ヶ月後5mgになりました。この頃は、指の節が少し腫れているものの痛みはほぼないと言われ、CRP0.3 mg/dL(正常)になりました。

その後2年たった現在もステロイド剤(プレドニゾロン)5mgで現状維持されています。3~4週間ごとに受診されていたのが、ここ数ヶ月は6週間ごとの受診になったのも経過がよい証拠です。指の痛みも押さえると痛いがマシになっていると言われているので良かったです。調子が良いからとサメミロンカプセルを飲み忘れられが続いた時期がありましたが、痛みが増したり、CRP~0.6mg/dLに上がったりしたので、今ではお客様ご自身もサメミロンカプセルを実感され、欠かさず継続服用されています。これからもお元気でいらしてくださいね。いつもありがとうございます。

 

 

●リウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatica; PMR)とは

50歳以上の高齢者に多く発症する炎症性疾患です。「リウマチ」という名前はついていますが、関節リウマチとは別の病気です。一般的に左右対称に出現し、特に腕を挙げたり、起き上がるなど、動作時に強くなる痛みが特徴的です。こわばりは、肩や臀部、大腿などに起床後最低30分は持続します。また、発熱、食欲不振、体重減少、倦怠感、うつ症状などを伴うこともあります。

 

●CRPとは

CRPは、体内で炎症や組織細胞の破壊などが起こると肝臓で生産されて血液中に流れ出し、増加します。症状の程度に比例して数値が上昇するため、炎症や感染症の指標として用いられるほか、病状を把握するためにも有用です。

 


 

実感!サメミロンカプセルに秘められた深海のパワー!

サメミロンは、深海ザメの肝油から精製された高純度の活性スクアレンが250mgも含まれた、健康補助食品です。

スクアレンは、人間の体内でも作られ、各細胞に存在し、脂肪賦活、抗酸化、免疫調節、皮膚防護などの作用を発揮します。 

df422ca92691ba3eec7a756780fde49a_t

スクアレンは、人間の肝臓で毎日、微量ながらも生成されていますが、年齢とともに、減少してきます。日ごろ健康に自信のない方に特にお薦めします。スクアレンを補い元気で若々しい身体を保ちましょう。

same1000

スクアレン加工食品、サメミロンカプセル商品紹介はこちらからです。ぜひご覧になってください。http://www.matsumi-drug.com/news/9686/ 

 


 

お電話やメールでご相談ありがとうございます

くすりの相談・こころの相談

ご相談電話:0771-63-1233
(うめがきまで、木日祝以外)
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 

 

▼お問合せはこちらからどうぞ 

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。
勇気を出して、下のお問い合わせフォームを「ポチッ」と押してください。

あなたのお悩みが解決できると思います。

接客されるのが苦手な方、電話で話すのが苦手な方もお気軽にお問い合わせください。

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール)

 

   カウンセリング(心の相談)ご予約

こころのcafeブログ(by mayumi)

どうぞ、お気軽にお電話ください。

電話相談は、平日:9時半~19時、土:13時~16時、(木・日祝は、調剤受付と電話相談はお休みです。)

TEL 0771-63-1233 

FAX 0771-63-6001

まつみ薬局では、地域に密着している健康相談の専門家である「相談薬局」として責任を持って販売しています。しっかりとその良さを実感して頂くために、お客さまとご相談した上でおすすめしています。

女性専門漢方相談

 こころと体に自然の力『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

なかよし姉妹♪処方せん調剤 

まつみ薬局

 http://www.matsumi-drug.com/ 

31386

SNSシェア