秋の終わりに…京都桂離宮を参観してきました|京都|女性専門漢方相談|まつみ薬局

秋の終わりに…京都桂離宮を参観してきました

12月に入ったので紅葉は期待できないだろうなぁ ;-) なんて思いながら念願の‘‘桂離宮‘‘へ行ってきました。そしたらなんと紅葉がとっても綺麗だったんです。まずは、真っ赤な紅葉に感動 :oops: 今回は写真いっぱいだけど良かったら最後まで見てください(姉まゆみ)

1-18-12-06-21-06-39-493_deco

入り口すぐのところに、大きなイチョウの木がありました。しめ縄はなかったけど、神木級の迫力。パワー感じます。知らないおばさまは、日々の日課なのでしょうか、この木の前で体操されていました :-)

2-18-12-06-21-09-35-639_deco

3日前からインターネット予約ができたんだけど、前日に決めたので、当日券狙いです。最近運がいいわたしは、なんと受付したら20分後に入れました :-D ラッキーです。

DSC_0339

桂離宮は、西暦1615年に後陽成(ごようせい)天皇の弟、八条宮(はちじょうのみや)初代智仁(としひと)親王により、宮家の別荘として建てられました。1883年(明治16年)に宮内庁所管となり桂離宮と称されることに。現在も当時の姿をほぼ完全に伝えられているすばらしい景色が豊富で有名なお庭です。

この門は、桂離宮の正門である『御幸門(みゆきもん)』 :oops:

3-18-12-06-21-11-35-581_deco

なんか気持ちいい。心が清らかになる感じがします。思わず気分だけでも皇室一族に・・・ ;-) では進みましょう。

DSC_0386

ここは船着き場。

5-18-12-06-21-21-23-196_deco

桂離宮は、お舟遊びとお月見のために利用されていたので、灯篭もお月見の邪魔にならないように、22台ある灯篭全ての高さが低いの。おもしろいね :lol: そしてその感性がステキです。

6-18-12-06-21-23-42-681_deco

すべての景色が本当にキレイ。

DSC_0381

この桂離宮は四季折々の景色もいいみたいです。わかる~ :-)  :-)  :-)

4-18-12-06-21-19-03-651_deco

世間はクリスマスムードなのに、ここはまだ秋、ちょっとタイムスリップできた感じです :-D

8-18-12-06-21-29-15-102_decoこの敷石、キレイでしょ。‘‘行の敷石‘‘っていうそうです。行書の‘‘行(ぎょう)‘‘という意味。かしこまった堅い印象の大きな石と、小さくてふにゃふにゃした小石が両方混ざっているので、文字を書くときの楷書と草書のあいだの‘‘行書の石‘‘。なんか夢がある~

DSC_0345

もともと散策のために造られたお庭ではなく、お舟遊びとお月見のためのお庭なので、庭は歩きにくいのです。気をつけてね。この敷石の上を歩きます :-D 風情があっていいそれにしてもよかった、ヒールじゃなくて・・・(^^♪

DSC_0364

江戸時代の初めの頃によくみられるソテツ山。冬なのでワラできれいにグルグル巻きにされています。なんかおもしろい :lol: 踊りだしそうです。ソテツ山は、一説には、これから入るお庭を隠すためとも。あ~なんだかステキなのです

DSC_0342

この敷石もいいでしょ :oops: まだ紅葉が赤いの。石の形がハート型に見えません :oops: ?下から二つ目。
DSC_0377

お茶室がたくさんあります。ここは松琴亭(しょうきんてい)。市松模様のふすまを見て見て~ :lol: 青と白のデザインが斬新でオシャレ~。

DSC_0361

いいな~、わたしもここでお茶をいただきたくなります :-P

これはお月さまを見るためのお茶室。月破楼(げっぱろう)っていいます。天井はお舟をひっくり返したようなデザイン。やっぱり感性がステキ~ :-) (いいすぎ・・・笑?)

DSC_0400

賞花亭(しょうかてい) :oops: お茶屋風なお茶室です。

DSC_0371苑内で一番高い位置にあるので上から眺める景色が気持ちいいの :lol:

7-18-12-06-21-27-03-586_deco

景色が最高~(^_-)-☆

DSC_0398説明が前後しますが、この建物はソテツ山のむかいにあった外腰掛(そとこしかけ)、待合場所です。左側にある小さな部屋はお着替え部屋で身なりを整えるためだって。あ~ロマンがあります

DSC_0344

この橋も綺麗でしょ。かまぼこのようにコロンとまあるい橋なので、かまぼこ橋って言われていたと思います。細かい砂利は水たまりにならないように敷き詰められています。色々と細かな心配りがあるお庭。上手な説明を聞きながらお庭を見られるので感動も倍増景色も見ながら足元も見ながら滑らないように橋を渡ります :oops:

DSC_0365

さっきの月破楼からは、なんと市松模様が有名な松琴亭が見えるのです。遠くにあるお茶室、小さく市松模様うつってるの、見えますか?見えないかな~ :cry:

DSC_0399こんなに開放的なお茶室、あるんですね。自然の景色をここまで贅沢に楽しむなんて、昔の人たちの感性に改めて感動しちゃいます :oops: いいなぁ♡ わたしもお舟遊びやお月見が遊びしたい :-) お殿様と妄想しながらお庭を観ると幸せ感ハンパない :oops:  :oops:  :oops:

 

はい、今度は腹ごしらえです :lol: 近くにある寺蔵カフェ。‘‘てらくら‘‘でもなく‘‘じぞう‘‘でもな‘‘てらぞう‘‘です。

DSC_0404自家栽培野菜をふんだんに使った人気の寺蔵ランチをいただきました。11月に伏見に2号店がオープンしてるって貼り紙ありました。居酒屋だって。そっちもいつか行ってみたい :-)

DSC_0406

手前にあるのは、胡麻豆腐の揚げ出し風、美味しかった ;-) 野菜も美味しい :-) 唐揚げふわふわ :-D 真ん中は大根のやわらか煮 :-D ここではデザートせずに。

別のcafeに移動して、最後に洋ナシのケーキでシメです :oops: 京都駅近くのお気に入りcafeカフェです。

DSC_0409

おしまい :oops:

 

あっ 8-O そうだ!桂離宮に入る前に‘‘中村軒‘‘でみたらし団子も食べました。

ちょうど桂離宮のすぐ横にある老舗。歩いていたらお兄さんが団子を焼いているのにそのままスルーできません( :lol: )。「1本食べる~」と言ったら、「わたしも~」とお付き合いのよいお友達に感謝 :oops: 普段は大行列、すごく混んでるお店なんですがその日はスキスキ。お店の人も「どうぞ中でお召し上がりください」と言ってくれたのでお言葉に甘えて中で。食べ歩きするつもりが、温かいお茶をおしぼりまで出していただいて感動 :-)

1本220円の幸せをほっこり美味しくかみしめました ;-) 京都らしく白みそタレもイケましたよ。サンショがあとからお口の中でピリッと

 

 いつもお電話やメールでご相談ありがとうございます

「健康相談・漢方相談」

▼お問合せはこちらからどうぞ 

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。
勇気を出して、下のお問い合わせフォームを「ポチッ」と押してください。

あなたのお悩みが解決できると思います。

お問合せフォーム

接客されるのが苦手な方、電話で話すのが苦手な方もお気軽にお問い合わせください。

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころのcafeブログ(by mayumi)

どうぞ、お気軽にお電話ください。

電話相談は、平日:9時半~19時、土:13時~16時、(木・日祝は、調剤受付と電話相談はお休みです。)

TEL 0771-63-1233 

FAX 0771-63-6001

  女性専門漢方相談

 こころと体に自然の力『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

なかよし姉妹♪処方せん調剤 

まつみ薬局 http://www.matsumi-drug.com/ 

まつみ薬局では、地域に密着している健康相談の専門家である「相談薬局」として責任を持って販売しています。しっかりとその良さを実感して頂くために、お客さまとご相談した上でおすすめしています。

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール)

 

登録販売者 西村治美(妹)

(くすり相談・ペット相談担当、海外居住歴7年(オーストラリア・イギリス・アイルランド)、2匹の猫を溺愛中、華流・韓流好き)

 

仲良し姉妹まつみ薬局

SNSシェア