【日本人初感染】新型ウイルス肺炎(パート3)京都女性漢方|まつみ薬局
ブログ ブログ

【日本人初感染】新型ウイルス肺炎(パート3)

こんにちは。

京都女性漢方相談のまつみ薬局、管理薬剤師梅垣眞由美です。

 

 

新型コロナウイルス感染について

1月28日に初めて、新型コロナウイルスの日本人感染者が確認されました。

 

alt=‘‘新型肺炎,新型肺炎コロナウイルス,新型ウイルス肺炎,最新ニュース‘‘

 

日本人男性は奈良県に住むバスの運転手で、中国武漢への渡航歴はなく、厚生労働省は、国内でヒトからヒトへウイルス感染した可能性が高いとして調べています。28日夜7時過ぎに行われた厚生労働省の会見では、「新型コロナウイルスに感染した日本人男性は、武漢市の滞在歴はないが、武漢市からのツアー客との接触があった」ことを明らかにしました。

 

 

日本国内で感染確認されたのは初めて

武漢への渡航歴がない人の感染が、日本人の感染が確認されたのも初めてです。

感染が確認された男性は、奈良県に住む60代のバスの運転手で、今月8日から11日にと、12日から16日の2回にわけて、武漢からの旅行客をバスに乗せていました。男性は今月14日、悪寒や咳などの症状を訴え、17日には奈良県内の医療機関を受診しましたが、この時は異常が見られず、経過観察となりました。しかし、22日には関節痛があり咳の症状も悪化、25日に奈良県内の医療機関に入院しました。そして、検査の結果、28日に「新型コロナウイルス」に感染していることが確認されました。男性は、現在も入院中で、症状は改善傾向にあるということです。今回の感染は、国内でヒトからヒトへ感染したおそれが高いとしてみています。

 

 

症状の出ていない人からの感染の可能性も

厚生労働省は、「武漢からのツアー客からの感染が高いとされますが、その中に明らかに肺炎のような症状のツアー客がいたとは、今のところは聞いていない。ツアー客はすでに中国に帰っているので、ここをまず調査するのが先かと思っている」と会見では発表しています。また28日、いずれも武漢に住んでいる日本に訪れた40代の男女2人も、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 

 

国内で感染が確認されたのは7人

奈良県在住日本人が感染したことを受けて、奈良県は記者会見をし、「感染したバス運転手は、県外あちこちの所を移動しているため、おそらくバスの中で感染した可能性が高い」と説明しています。また、男性と接触した人たちの中で、これまでに症状が出ている人はいないとのことです。濃厚に接触した人に関しては、県としてリストアップがすんでおり、バスガイドさんにもリストアップして連絡し、そのうえで、男性と接触した人たちは、なるべく人混みをさけ、1日2回、体温を測ることを依頼しているとのことです。中国の保健当局は、26日、新型コロナウイルスの感染力について「感染力がやや強くなっているとみられる」発表しました。

 

 

ヒトヒト感染して、4次感染が起きている

WHO(世界保健機関)は23日、「患者が増えている武漢では、ヒトからヒトに次々と感染して、4次感染が起きている」と発表しました。

日本でのヒトからヒトへの感染が警戒されています。ヒトからヒトへの感染は、中国以外ではベトナムで確認されています。今回初めて、国内でヒトからヒトへの感染が出たことについて、専門家は「日本国内に感染患者が今、何人か入っているのため、感染患者さんから次の患者さんに移るという、二次感染が起きるのはある程度想定されるが、三次感染がもし日本でおきたとすると、これは新たな局面、日本でも流行が、ヒトからヒトへ感染が拡大しているきっかけとなる恐れがある」と指摘しています。

 

 

新型コロナウイスの感染力の強さは?

ここで、感染力の強さをみる指標ですが、今のところは、新型コロナウイルスに感染した一人の患者からは、最大2.5人に感染させる力があるとみられています。インフルエンザの感染力、患者一人に対して、2人から3人へ感染させる力があるといわれているため、今のところですが、インフルエンザ並み、もしくは少し弱めの感染力があると言わています。

 

 

新型コロナウイルスの症状

コロナウイルスは、インフルエンザや風邪などと同様に、咳やくしゃみなどの飛沫で感染します。今回のコロナウイルスについてはまだわからないことが多いのですが、アルコール消毒が有効だという報告もあります。感染の予防や対策には、引き続き、手洗いやうがい、マスクの着用がとても大切です。

 

 

すぐできる予防と対策

当たり前のようなことですが飛沫感染と接触感染と防ぐために、うがいと手洗い、そしてマスクの着用が良いと思います。手指などのアルコール消毒もよいでしょう。また、バランスのとれた食事や十分な睡眠をとるなどの体調管理も大事だと思います。

 

 


 

救心感應丸氣の商品紹介です

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

alt=‘‘救心感應丸氣,写真,300粒,Ki -yuushinkan'nouganki,큐신칸노간키‘‘

【価格(税別】 

90粒 12,000円  300粒(得用サイズ) 35,000円

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

【用法・容量】

大人(15才以上)1回3粒、11-14 1回2粒、8-10歳 1回1粒、1日3回食前または食間に水またはお湯で服用すること

 

救心感應丸氣|詳しくはこちらから

https://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 


 

くすりの相談・こころの相談

女性漢方相談

まつみ薬局

 

電話番号をタップすると電話がかけられます

電話:0771-63-1233

 

お問合せ・ご相談電話(木日祝以外の平日(9時半〜19時、土:13時〜16時)うめがきまで

 

FAX:0771-63-6001(24時間受付)

 

▼お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ(24時間受付)

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

 


 

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころの相談♡カウンセリングblog

どうぞ、お気軽にお電話ください

こころと体に自然の力

 akabako

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹 ♪ 処方せん調剤

まつみ薬局

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール、最近はヨガ)

あなたのお悩みが解決できると思います。

 

alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。