新型コロナ【簡易マスク】朝日新聞に掲載されました!|まつみ薬局
ブログ ブログ

新型コロナ【簡易マスク】朝日新聞に掲載されました!

【簡易マスク】朝日新聞に掲載されました!

 

alt=‘‘朝日新聞取材,簡易マスク,手作りマスク,キッチンペーパーで作る‘‘

 

きっかけは、まつみ薬局のあるブログを見つけていただいたことからです。ある日、突然「朝日新聞社です」とお電話をいただきました。

この時の様子は、別のブログで紹介しています。良かったらみてくださいね :-D

 

新型コロナ【朝日新聞社から取材を受けました】超簡単!手作りマスク(2020年3月9日ブログ記事)

 

alt=‘‘新型コロナウイルス,手作りマスク,朝日新聞社取材‘‘

 

⇒ 検索は、こちら…まつみ薬局HPトップページ > まつみ姉妹の気まぐれブログ  > 新型コロナ【朝日新聞社から取材を受けました】超簡単!手作りマスク

 

⇒ または、まつみ薬局HPトップページ > まつみ♪健康だより > 新型コロナ【朝日新聞社から取材を受けました】超簡単!手作りマスク

 

 

朝日新聞朝刊【京都版】に

alt=‘‘新型コロナウイルス,手作りマスク,簡易マスク,朝日新聞社掲載,‘‘

 

簡易マスク 南丹の薬局、ブログで紹介【2020年3月12日(木)朝刊】

(朝日新聞記事をそのまま紹介。文章は、記者の白見はる菜さん)

 

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄になる中、南丹市園部町のまつみ薬局は、ホチキスを使った簡易的なマスクを紹介している、咳エチケットの一助になりそうだ。

 

まつみ薬局では、2月6日を最後に、マスクの入荷が止まっている。週2回の入荷日に合わせて発注を繰り返しているが、品切れが続く。そんな中、管理薬剤師の梅垣眞由美さんが簡易マスクを手作りしている動画をインターネットで発見。施策を重ね、輪ゴムを留める数などを改善し、同月17日に「超簡単手作りマスク」と題して薬局のブログで紹介した。

 

薬局には今も、「マスクはありますか」という問い合わせが1日に50件ほどあるという。梅垣さんは「最初は『在庫がなくてすみません』と謝っていたけど、今は『もう作っちゃいましょう』と言っています。子どもでも作れるくらい簡単です」と話す。

 

同じようにキッチンペーパーで簡易マスクを作る方法は、警視庁災害対策課もホームページで留める位置を変えれば、マスクの大きさを調整できるとし「密閉性には少し欠けますが、砂ぼこり等には十分に防げます」と案内している。

 

厚生労働省は「正しい咳エチケット」として、マスク着用のほか、ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う▽上着の内側や袖で覆う―ことも勧めている。特に電車や職場、学校など人が集まる場所で実践することが重要だとしている。

 

alt=‘‘マスク,手作りマスク‘‘

 

◆梅垣さんお勧めの簡易マスクの作り方

 

➀キッチンペーパー2カット分と輪ゴム2つ、ホチキスを用意する。

alt=‘‘手作りマスク‘‘

 

②キッチンペーパーを約3㎝幅で山折り、谷折りする。

alt=‘‘手作りマスク‘‘

 

➂蛇腹の帯状にしたキッチンペーパーの両端に、ホチキスで2ヶ所ずつ輪ゴムを留める。

45535

 

➃ジャバラを広げたら完成。

alt=‘‘手作りマスク‘‘

 

 


 

白見はる菜さん、とてもわかりやすく、素敵な文章を書いていただいてありがとうございました。

 

今日も、「マスクありますか?」と聞かれましたので、この新聞記事をコピーしてお渡ししたらとても喜ばれました :oops:

 

alt=‘‘新型コロナウイルス,手作りマスク,朝日新聞社取材‘‘

 ↑ 上の画像をタッチしてください。音声は出ませんが動画が見れます。

 

ブログを見ていただいてありがとうございました。

 

京都女性漢方相談 まつみ薬局
管理薬剤師梅垣眞由美

 


 

救心感應丸氣の商品紹介です

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

alt=‘‘救心感應丸氣,写真,300粒,Ki -yuushinkan'nouganki,큐신칸노간키‘‘

【価格(税別】 

90粒 12,000円  300粒(得用サイズ) 35,000円

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

【用法・容量】

大人(15才以上)1回3粒、11-14 1回2粒、8-10歳 1回1粒、1日3回食前または食間に水またはお湯で服用すること

 

救心感應丸氣|詳しくはこちらから

https://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 


 

くすりの相談・こころの相談

女性漢方相談

まつみ薬局

 

電話番号をタップすると電話がかけられます

電話:0771-63-1233

 

お問合せ・ご相談電話(木日祝以外の平日(9時半〜19時、土:13時〜16時)うめがきまで

 

FAX:0771-63-6001(24時間受付)

 

▼お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ(24時間受付)

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

 


 

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころの相談♡カウンセリングblog

どうぞ、お気軽にお電話ください

こころと体に自然の力

 akabako

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹 ♪ 処方せん調剤

まつみ薬局

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール、最近はヨガ)

あなたのお悩みが解決できると思います。

 

alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。