不妊治療「夫婦が悩む家族や友達のこと」⑤京都女性漢方|まつみ薬局
ブログ ブログ

不妊治療「夫婦が悩む家族や友達のこと」⑤

こんにちは。京都女性漢方相談のまつみ薬局 管理薬剤師 梅垣眞由美です。

 

女性のためのやさしい不妊・妊活・子宝相談のお話しシリーズ【5】です。

今回のテーマは、夫婦が悩む家族友達のこと:続編」についてです。

 

不妊治療のことを、自分がどう考えているか

家族にしても、友達にしても、不妊治療をしていることを告げるか告げないかは、自分自身がどう考えているかにもよります。

「不妊治療をしていることを隠している」と思っているのなら、「隠している」ことはストレスにつながるかもしれませんが、「隠してはいないけど、自分からは言わない」と思っているのであれば、告げないことはストレスにはならないでしょう。

 

また、治療をしていることを「理解してほしい」と考えている相手か、「特に理解してもらわなくてもいい」と考えている相手なのかによっても違ってきます。

告げられた相手の立場になって考えることも必要かもしれませんが、それよりも告げられた相手の反応が予測でき、その反応が自分にとって好ましいのか、そうではないかで判断してもいいでしょう。

 

基本的には、好ましくないと予想できるのなら告げないという選択で十分です。「自分からオープンにしたい」と思っているのであれば、それもいいでしょう。オープンにすることで、余計なせん索をされなくなるかも知れません。

 

まずは、自分自身が苦しくないこと

自分の性格によっても、告げる相手との関係や性格によっても告げる、告げないは変わってくるかと思います。まずは、自分自身が一番苦しくないこと、辛さを軽減することができるように考えましょう。

 

ヤクケンバイオリンンク粒大好き(男の子1)

 

人は人、自分は自分

女性は、結婚前、結婚後、出産後では、人との関係や考え方に変化が起こることが多くあります。特に結婚では、多くの人は苗字が変わり、大好きな人と言えど、これまで別の人生を歩んできた人との慣れない生活が始まります。

 

中には、住み慣れた市町から離れたり、退職したり転職したりと生活に大きな変化をもらたします。喜びの多い変化にもストレスはありますが、段々と生活に慣れることで薄らいでいきます。

 

大きなストレス

しかし、不妊治療が必要になったりすると、大きなストレスを抱えることになります。

また、兄妹姉妹や友達などの周りの人たちに赤ちゃんが授かり、その人たちの生活も変化してきます。そうなると顔を合わせたときに、子どもの話になったり、子どもの写真を見せ合ったりと、いたたまれない状況に悲しくなったという経験を持つ人も少なくありません。

 

人の妊娠を素直に喜べない、赤ちゃんが生まれたことを祝ってあげられないと、「なんで自分は弱いんだ」「どうして祝ってあげられないんだ」と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

 

ありのままの自分

赤ちゃんがほしいと、日々、ツライ不妊治療に立ち向かっているわけですから、決して弱いわけではありません。赤ちゃんに会いたいと思う気持ちと現実の歯車が合わない現状を、ツラく悲しく思うのは当然のことです。

 

しかし、「私は、今、そいいう思いでいるんだな」とありのまま受け入れて、その思いを否定したり、悲観したりすることなく、自分の心をいたわりましょう。

 

 

次回は、「女性が悩む仕事のこと⑥」についてお話しします。

記事をお読みいただきありがとうございました。

 

 


 

救心感應丸氣の商品紹介です

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

alt=‘‘救心感應丸氣,写真,300粒,Ki -yuushinkan'nouganki,큐신칸노간키‘‘

【価格(税別】 

90粒 12,000円  300粒(得用サイズ) 35,000円

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

【用法・容量】

大人(15才以上)1回3粒、11-14 1回2粒、8-10歳 1回1粒、1日3回食前または食間に水またはお湯で服用すること

 

救心感應丸氣|詳しくはこちらから⇒ https://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 


 

 

くすりの相談・こころの相談

女性漢方相談

まつみ薬局

 

電話番号をタップすると電話がかけられます

電話:0771-63-1233

 

お問合せ・ご相談電話(木日祝以外の平日(9時半〜19時、土:13時〜16時)うめがきまで

 

FAX:0771-63-6001(24時間受付)

 

▼お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ(24時間受付)

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

 


 

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころの相談♡カウンセリングblog

どうぞ、お気軽にお電話ください

こころと体に自然の力

 akabako

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹 ♪ 処方せん調剤

まつみ薬局

https://www.matsumi-drug.com/

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール、最近はヨガ)

あなたのお悩みが解決できると思います。

 

alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。