鼻の病気【花粉症・慢性副鼻腔炎】京都女性漢方|まつみ薬局
ブログ ブログ

鼻の病気【花粉症・慢性副鼻腔炎】

花粉症や慢性副鼻腔炎など、鼻水・鼻づまり・鼻の病気についてのお話しです。

 

alt=花粉症,漢方薬,小青竜湯

 

春は花粉症の季節

この時期は、鼻水・くしゃみ、鼻づまりなど、鼻の症状に悩まされる時期です。この花粉時期に合併して起こりやすいのが慢性副鼻腔炎という鼻の病気です。慢性副鼻腔炎になると、一年をとおして、鼻水・鼻づまりなどの症状が数週間から数ヶ月続くこともあります。

 

鼻の役割

鼻は、外気を吸い込んだときに、体内へ汚れた空気を取り込まないように、フィルターのような働きをしたり、鼻の粘膜に適度なうるおいを保ちながら、体内に新鮮な空気を送り込んだり。また、いろいろな臭いを嗅ぎわけるなど、とても重要な役割をしています。

 

食事は腹八分目

動物実験でも報告がありますが、栄養を摂りすぎると、アレルギー体質になりやいと言われています。

飽食の時代にある現在、アレルギーの病気は増える一方です。鼻の病気を少しでも楽にするためにも、食事は腹八分目を心がけましょう。食べすぎや栄養の摂りすぎが、アレルギー症状を悪化させるかもしれません。

 

 

積極的に摂るとよい食品

カルシウム

カルシウムは、炎症を抑えたり、アレルギー症状を防いだりする働きがあると言われています。カルシウムが不足すると鼻のアレルギー症状や炎症が出やすくなる可能性があるため、食事からなるべくカルシウムを多く摂るようにしましょう。

食品では、乳製品や、丸干しのように丸ごと食べられる魚介類などが一般的ですが、大豆製品やヒジキなどの海藻類にも多く含まれています。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムと一緒に撮ることで効率よく吸収されます。ビタミンDが多い食材に、マグロや青魚などがあります。カルシウムの多い食品となるべく一緒に食べるのが理想的です。

 

ビタミンA

ビタミンAは免疫にも関係があります。ビタミンAが不足すると、抵抗力が落ちてアレルギーに弱くなったり、副鼻腔に感染が起きやすくなります。

ウナギやレバーなどはビタミンAを多く含みます。野菜では人参などの緑黄色野菜にも多く含まれていますので、彩りの良い食事を食べるように心がけましょう。

 

 

なるべく控えたほうが良い食品

アルコール

お酒は、血流を調整する神経に麻痺が起きやすくなります。そのため、鼻の粘膜を流れる血液量が減り、うっ血状態を起こします。これが鼻づまりの原因です。過度のアルコール摂取は、鼻の粘膜が腫れ、炎症を起こして鼻づまりが起きやすくなります。

 

メロン、スイカ、キウイ

口腔アレルギー症候群という病気があります。アレルギーを起こしやすい特定の食べ物を食べることで口まわりにかゆみや腫れが起こる病気でです。花粉症の人が、メロンやスイカ、キウイなどを食べると、この口腔アレルギー症候群を合併しやすいと言われているので注意しましょう。

 

イネ科花粉症の人

トマト、メロン、スイカ、オレンジなどの摂取に注意しましょう。

 

ヨモギ、ブタクサ花粉症の人

メロン、スイカ、セロリなどの摂取に注意しましょう。

 

シラカバ花粉症の人

バラ科の果物(リンゴ、桃など)の摂取に注意しましょう。

 

alt=‘‘花粉症,食養生,慢性副鼻腔炎,鼻の病気‘‘

 

最後に

花粉症がある人や慢性的な鼻炎症状がある人、副鼻腔炎になりやすい人など、鼻の病気でお困りの方は、これらアレルギーを起こしやすい食品を日頃から避けるようにしたり、逆に積極的に摂ったほうが良い食品を意識して摂るようにしたいものですね。

日々の健康に役立つ食養生を、少しずつでも出来ることからはじめていきましょう。

 

 


 

救心感應丸氣の商品紹介です

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

alt=‘‘救心感應丸氣,写真,300粒,Ki -yuushinkan'nouganki,큐신칸노간키‘‘

【価格(税別】 

90粒 12,000円  300粒(得用サイズ) 35,000円

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

【用法・容量】

大人(15才以上)1回3粒、11-14 1回2粒、8-10歳 1回1粒、1日3回食前または食間に水またはお湯で服用すること

 

救心感應丸氣|詳しくはこちらから

https://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 


 

くすりの相談・こころの相談

女性漢方相談

まつみ薬局

 

電話番号をタップすると電話がかけられます

電話:0771-63-1233

 

お問合せ・ご相談電話(木日祝以外の平日(9時半〜19時、土:13時〜16時)うめがきまで

 

FAX:0771-63-6001(24時間受付)

 

▼お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ(24時間受付)

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

 


 

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころの相談♡カウンセリングblog

どうぞ、お気軽にお電話ください

こころと体に自然の力

 akabako

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹 ♪ 処方せん調剤

まつみ薬局

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール、最近はヨガ)

あなたのお悩みが解決できると思います。

 

alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。