新型コロナ『家庭でできる感染予防8つのポイント』|まつみ薬局
ブログ ブログ

新型コロナ『家庭でできる感染予防8つのポイント』

こんにちは。

京都女性漢方相談のまつみ薬局、管理薬剤師梅垣眞由美です。

 

家庭でできる新型コロナウイルス

『感染予防8つのポイント』をご紹介します。

 

 

alt=‘‘‘新型コロナウイルス,感染予防,家庭でできる,‘‘

 

もし、家族が新型コロナウイルス感染したら、どうしたらいいの?

 1.個室にする

ご本人は外出を避けて下さい。

 

食事や寝るときも、別室にしましょう。子どもがいる方や、部屋数が少なくて部屋を分けられない場合には、少なくとも 2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。

 

ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察を し、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状が あるときには、職場などに行かないでください。

 

 2.寝るときは

お布団を敷いて寝る場合は、特に頭の位置を互い違いにしましょう。近すぎると、感染リスクが高まります。お互いの顔が、2m以上離れる用にしましょう。

 

 3.部屋から出ない

感染者本人は、でいるだけ部屋から出ないようにしましょう。トイレ、バスルームなど共有スペースの利用は最小限にし、部屋も分けましょう。

 

特に、心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、 妊婦の方などは、感染者のお世話をするのは避けてください。感染者のお世話はできるだけ限られた方にしましょう。

 

 4.マスクをする

マスクが汚れたときは、すぐに新しい清潔な乾燥マスクと交換してください。

 

マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際は、ティッシュ等で口と鼻を覆いましょう。 かんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。

 

使用したマスクは、部屋から外へ持ち出さないようにしましょう。マスクをはずす時も、マスク表面には触れないようにしてください。マスクの耳ゴム部分をつまんで外しましょう。

 

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてくだ さい。 糞便からウイルスが検出されることがあります。

 

 5.手を洗う

こまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール手指消毒剤をしましょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

 

 6.換気する

定期的に換気しましょう。共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気しましょう。

 

 7.消毒する

共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください。目安となる濃度は0.05%です。(製品の濃度が6%の 場合、水3Lに液を25ml)

 

トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。タオル、衣類、食器、お箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません。

 

洗浄前のものを共用しないようにしてください。特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。

 

 8.アルコール消毒をしま しょう

洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにし てください。

 

※参考資料:厚生労働省ホームページ(ホーム>政策について>分野別の政策一覧>健康・医療>健康>感染症情報>新型コロナウイルス感染症について>ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~ )

 

以上です。ブログを見ていただきありがとうございました。

 


 

救心感應丸氣の商品紹介です

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

alt=‘‘救心感應丸氣,写真,300粒,Ki -yuushinkan'nouganki,큐신칸노간키‘‘

【価格(税別】 

90粒 12,000円  300粒(得用サイズ) 35,000円

 

【効能】

気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢

 

【用法・容量】

大人(15才以上)1回3粒、11-14 1回2粒、8-10歳 1回1粒、1日3回食前または食間に水またはお湯で服用すること

 

救心感應丸氣|詳しくはこちらから

https://www.matsumi-drug.com/news/1744/

 

 


 

くすりの相談・こころの相談

女性漢方相談

まつみ薬局

 

電話番号をタップすると電話がかけられます

電話:0771-63-1233

 

お問合せ・ご相談電話(木日祝以外の平日(9時半〜19時、土:13時〜16時)うめがきまで

 

FAX:0771-63-6001(24時間受付)

 

▼お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ(24時間受付)

どんな些細なことでも、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせください。

 


 

   カウンセリング(心の相談)のみの予約も承ります

こころの相談♡カウンセリングblog

どうぞ、お気軽にお電話ください

こころと体に自然の力

 akabako

『女性の悩みを漢方薬で解決しませんか』

 

なかよし姉妹 ♪ 処方せん調剤

まつみ薬局

京都府南丹市園部町 上木崎町寺ノ下14-5(スーパーマツモト内)

 

管理薬剤師 梅垣眞由美(姉)

(漢方相談・カウンセリング・くすり相談担当、名城大学薬学部卒、食べること大好き、お出かけ大好き、趣味バレーボール、最近はヨガ)

あなたのお悩みが解決できると思います。

 

alt=‘‘まつみ薬局,漢方相談,処方箋調剤,まゆみ‘‘

まつみ薬局ではお客様の信頼関係で成り立っています。あなた様の周りにもお困りのご家族・お知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。